TAKEUCHI Since 1948

PROJECT
STORY

プロジェクトストーリー

プロポーズ応援企画
プロジェクトストーリー

プロポーズ応援企画

タケウチでは、ご結婚を予定しているカップルさまのプロポーズが
より思い出深いものになるよう、“プロポーズ応援企画”を実施しています。

心に残るプロポーズをサポートするため、どのような取り組みをしているのか、ご紹介します。

  • 武内 瑛示

    武内 瑛示

    代表取締役社長

  • 寺崎 麻衣

    寺崎 麻衣

    5年目/新小松店主任

  • 川端 博信

    川端 博信

    22年目/総本店チーフ

プロポーズする
カップルは全体の2割。
きっかけづくりを
お手伝いしたい。

プロポーズするカップルは全体の2割。きっかけづくりをお手伝いしたい。

私たちタケウチが扱っているブライダルジュエリーって、プロポーズと密接な関わりがありますよね。でも、ある調査によると、結婚にいたるカップルのうち、ちゃんとプロポーズをしているのは全体の2割だそうなんです。ブライダルジュエリーを提案する企業として、それではもったいない、せめてプロポーズのきっかけづくりをお手伝いしたい、というのが、この“プロポーズ応援企画”の始まりでしたね。

4年前に総本店がリニューアルしたのを機にブライダルジュエリーの品揃えがこれまで以上に充実しましたが、ちょうどそこから半年ぐらい経って、動き始めた企画ですね。

金沢本店もタケウチブライダルとして、ブライダルジュエリーには力を入れていますので、現在、“プロポーズ応援企画”は総本店と金沢本店が中心となって取り組んでいます。

最初は企画をお客さまに知っていただくことから始めましたよね。

まずは目にとめてもらおうと、店頭にデジタルポップを掲示しました。そうしたら、来店された男性のお客さまが興味を示されたんです。「彼女にサプライズでエンゲージリングを渡したい」というご相談でした。こちらからお勧めしたのではなく、お客さまの方から「やってみたい」と言ってくださったので、手応えを感じました。さっそく、どのような形でプロポーズをするか、打ち合わせしました。

第一号だったので、私たちも気合いが入りましたよね。特に私は入社して2年目だったので、一生に一度のプロポーズに携われることに、この仕事ならではの醍醐味を感じました。

ショートムービーを
編集し、
結婚式場で
プロポーズの
サプライズ演出を。

男性がプロポーズするときにショートムービーのような短い映像を流すこととなり、その映像づくりから始めたんですよね。

お二人の思い出の写真をお借りし、好きな曲と合わせて短い映像を作りました。さらに店頭で男性から女性へのメッセージを録画。VTRに編集しました。

何しろ初めての企画でしたので、陰から見守っている私たちもドキドキでしたね!

デザートが出てきて会場の照明が落とされ、映像が流れて、男性がエンゲージリングを渡してプロポーズ!男性は感無量と言った感じでしたし、見守っている私たちにも感動が伝わってきました。女性は意外と冷静でしたね(笑)。

サプライズとはいえ、場所が結婚式場のレストランだったので、女性も何となく予感はしていたんでしょうね。でも、喜んでいただけましたよね。

みんなでお祝いできて、「幸せになってほしい」という気持ちで私たち自身も一丸になれた気がします。

プロポーズの思い出も
ジュエリーと
一緒に
次の代に
受け継いでほしい。

今、“プロポーズ応援企画”は平均すると月に2〜3回行っています。一度、成功して私たちも自信がついたこともあり、2回目以降はどうすればいいのか内容がだんだん整理できてきました。

一回目は私たち自身も力が入りすぎていてお客さまと何度も打ち合わせしたり、メッセージの録画のために店頭に来ていただいたり、今思うとお客さまへのご負担も多かったですね。

何度かやってみて、シンプルな方がスムーズに運ぶということがわかりました。式場さんは結婚式でのノウハウがあり演出や進行も慣れているので、お願いできるところはお願いして、私たちはお手伝いに徹すると。

今は、お客さまにはどの式場にするか選んでいただくというスタイルに落ち着きましたね。これまではジュエリーショップとして多業種と連携することはなかったんですが、プロポーズ応援企画を通じて、結婚式場さんなど他業種とのつながりができ、業務にも広がりが生まれたのも、良い刺激になっています。

ブライダルジュエリーは一生残るものですが、プロポーズの思い出も一生モノですよね。

ヨーロッパでは、ビジュード・ファミーユ(家族の家宝)という伝統があります。ジュエリーが代々受け継がれ、家族の歴史を刻むというものですが、私たちタケウチもその考え方を大切にしています。

ジュエリーを引き継ぐのと一緒に、ジュエリーを贈られたプロポーズのときの思い出も一緒に語り継いでいっていただけたら嬉しいですよね。思い出が加わることで、そのジュエリーが、この世にたった一つの大切な宝物になります。

“プロポーズ応援企画”を通じて私たちもお客さまから幸せをわけていただいています。これからも幸せのお手伝いができるよう、努めていきたいです。

タケウチで一緒に輝こう!

タケウチで一緒に輝こう!

宝石時計の武内に興味を持っていただき、
ありがとうございます。
あなたのご応募をお待ちしています。

トップページへ戻る